髙代寺(こうだいじ)

源氏の元祖六孫王を祀る髙代寺。
平安初期に空海が巡錫・山頂近くに泉(閼伽井御神泉)を発見され薬師如来を祀り草庵を結んだことに始まります。
その後天徳四年(960)源 満仲が父 経基の三回忌に当たり源氏の宝物を寄進して七寶山 髙代寺としました。
一時は、寺領千二百石ありましたが、平清盛の時代に領地の没収等、盛衰を重ね現在に至っております。
江戸末期には、禅僧の良寛和上も訪れています。

髙代寺の永代供養墓について

髙代寺永代供養墓

住職任命を機に開設致しました。当時の檀家様に御協力を頂き開設をする事が出来ました。 納骨形式は、骨壺より御骨を土にかえり易い布に入れて埋葬をさせて頂きます。



推定樹齢400年。4月上旬が見頃です。
1960年(元禄時代)太平洋戦争でも釣鐘は、徴収されずに無事残りました。

江戸時代建立の御本尊は薬師如来です。 本堂の前に弘法大師御手植えと言われる菩提樹があります。
住職任命を機に納骨堂をつくりました。

 

髙代寺の基本情報

寺院名

真言宗御室派 髙代寺(しんごんしゅうおむろは こうだいじ)

住職

福永 耕秀(ふくなが こうしゅう)

寺院所在地

大阪府豊能郡豊能町吉川756番地

宗旨宗派

真言宗御室派

髙代寺までのアクセス

アクセス(電車)

無料送迎あり(要予約)ご希望の方はご連絡ください

アクセス(車)

ときわ台駅から車で10分

ご依頼方法

ご遺骨のお引き渡し方法

以下の二通りよりお選びください。

①直接寺院にお持ちこみ
寺院までご遺骨をお持ちになって、直接僧侶に手渡ししてください。
ご遺骨は、破損や欠損が無いようにしっかりと梱包したうえで必要書類と合わせてお持ちください。
②郵送にてお引き渡し
ご遺骨を、破損や欠損が無いようにしっかりと梱包し、必要書類を同封したうえでゆうパックでお送りください。

ご依頼の際に必要なもの

    • 納骨されるご遺骨
      お引渡しの際は破損してしまわないように丁寧に梱包してください。
    • 印鑑
      永代供養(合祀)の同意書をかわす際にご捺印いただきます。
    • ご遺骨の身元を証明する書類
      火葬・埋葬許可証、改葬許可証、どちらかの原本を1点。
    • ご依頼者様の写真付きの身分証明証
      免許証、パスポート、マイナンバーカード(表面のみ。また臓器提供情報と性別は隠したもの)、いずれかのコピーを1点。
      ※上記をお持ちで無ければ、身分を証明する公的な書類1点(健康保険証、戸籍謄本、除籍謄本等)と、民間で発行される社員証など顔写真付きの証明書をセットでご用意ください。

※必要書類の準備が難しい場合は、フリーダイヤルまでご相談ください。
通話無料:0120-541-597

永代供養についてのご相談、ご依頼はこちらまで

無料相談窓口9時~18時(平日のみ)0120-541-597

過去の宗旨・宗派は問いません。一律料金で、追加料金はかかりません。相談は無料です。まずはお電話ください。

↑ページの先頭に戻る